クレジットカードの暗証番号を確認する方法

- クレジットカードの暗証番号を確認する方法

クレジットカードの暗証番号を確認する方法

2回までなら打ち間違えても問題がない

暗証番号の入力パッド
クレジットカードの暗証番号を確認する方法の一つに、心当たりの番号を打ち込んでみる方法が挙げられます。
キャッシングなどを利用する場合はATMで暗証番号の入力を求められることが多く、実際に心当たりがある番号を打ち込むことで確認が可能です。
注意したいのが、3回間違うとカードが不正利用を防ぐために使用不可能になってしまうことです。
一度利用不可能になったカードは二度と利用できず、再発行が必要になる場合があります。
水道光熱費や電話料金をクレジットカード払いにしていた場合は影響が大きくなるため、実際に打ち込んで確認する場合は回数制限があることを理解する必要があります。

カスタマーセンターに連絡すれば確認が可能

暗証番号はカスタマーセンターに連絡することで確認することも可能です。
注意したいのは口頭で説明してくれることはほぼないということです。
クレジットカードの暗証番号は極めて重要な情報であるため、セキュリティ上口頭での通知が出来ないことが多いのです。
後日郵送で届くのが一般的になっており、セキュリティが厳重なカードの場合は本人でなければ受け取れないケースもあります。
カスタマーセンターでは本人確認のために住所や年齢を確認されることもあります。
誰かに代理を頼んでも受け付けて貰えない場合がある点にも注意が必要です。

電話受付でも完全に自動化しているケースも

大手金融機関が発行するクレジットカードの暗証番号再発行は、完全に自動化されているケースもあります。
ガイダンスに従って会員番号やカード番号を入力すれば自動で受付を行ってくれるのです。
注意したいのは送付先です。
自動受付を利用した場合は、契約に紐づいた住所に郵便物で暗証番号は送られる場合があります。
引越しをしていて住所変更を行っていない場合は、古い住所に届いてしまうこともあるのです。
カードの通知は重要なものが多いため、引っ越しを行った場合は早めに住所変更をしておく必要があります。
手続きに漏れがあれば、他人が郵便物を受け取ってしまうこともあるからです。

インターネットで手続きができるケースも

スマホのシルエット
カードの中には専用のwebサイトを用意し、インターネット上で手続きが出来る場合もあります。
パソコンだけでなくスマホに対応しているケースもあるため、電話よりも手間がかからないケースもあります。
スマホのバーションが古すぎる場合などは対応していないケースもあるため、注意が必要です。
インターネット上で手続きをしても、セキュリティの関係で暗証番号が郵送になってしまう場合もあります。
これは第三者が不正に情報を引き出すことを防ぐためで、郵便物を受け取るのが本人であればトラブルを避けられるからです。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2016クレジットカードの現金化徹底解説!気になるリスクや便利ポイントAll Rights Reserved.